パソコンを使用したICSサーボ設定の接続時のご注意

2018年2月17日 <サーボ> < ICS > ICS USB アダプターHS PCの設定・インストール

こんにちは!

今回は、パソコンを使用したICSサーボ設定の接続時のご注意をお知らせします。
RSx3one10FlectionRSx3one10Ver.Dが最近発売され、設定変更やってみよう!というユーザー様が増えてきたようです。ICSサーボとICS USBアダプターHSの接続の順番を間違えて「通信できないです!」のお問い合わせがありましたので、いったん整理したいと思います。
ICS USBアダプター HSとICSサーボ、パソコンの接続の手順は、以下のようにお願いします。

 

(1)ICS USBアダプターHSの3Pコネクターに延長コードを接続します。

パソコンに接続する前に、ICS USBアダプターHSに付属の延長コードと2又コードを接続しておきます。パソコンのUSBポートはRCカー(ICSサーボ)まで距離がある場合が多いので、事前に延長しておくと取り回しが楽になります。

(2)パソコンにICS USBアダプターHSし、その後にICSサーボを接続します

手順1. 起動済みのパソコンにICS USBアダプターHSを接続します。

手順2. その後、設定変更したいICSサーボを2又コードに接続します。

※先にサーボとICS USBアダプターHSを接続したうえでパソコンに挿すと、通信エラーを起こしますのでご注意ください!

 

手順3. パソコンのServo Managerを起動し、COMポートを選択する
ICS Servo Managerソフトを起動すると、下の画像のように[Type][Model Select]項が空白の初期画面が表示されます。
[COM]項の右側にある▼ボタンからCOMポートを設定します。

 

「COM」項のプルダウンボックスをクリックすると、以下のように「ICS USB ADAPTER HS(COMxx)」と出てきますので、そちらを選択します。(COMxの番号は、ご使用のパソコンによって変わります)

 

※もし、プルダウンボックスに「Disconnect」しか出ない場合はドライバーのインストールに失敗してます。
     こちらの記事を参考にドライバーをインストールしてください。
     Windows10以前のパソコンの場合は、こちらの記事をご参考にお願いします。

COMポートを設定すると、現在の設定データが自動で読み込まれます。

 ※機種によって初期設定は変わります。

上の画像のように、画面右上の[Model Select]項に番号が入って来たら読み込み成功です。
パソコンの画面に表示中の設定が、接続したICSサーボの現在の設定です。

※もし、「Can not read data from Servomotor.」ウインドウが出たら、パソコンとUSBアダプターHSの通信はできているが、ICSサーボのデータが取得できない場合です。ICSサーボと延長ケーブルの接続をいったん外して再接続し、3~5秒待ってから再度[COM▼]を押してみてください。

 

手順4. 変更後のセッティングをダウンロードします

設定変更をしたら、右下の「Write」ボタンを押して、パソコンに表示中の設定をICSサーボにダウンロードします。

上画像の例ではStrech1を16➡13に変更しました。Writeボタンを押した後に「Writing Complete!(書き込み成功)」が出たら、ICSサーボの設定書き換え成功です。ICS USB アダプターとICSサーボの接続を取り外し、ICSサーボのコードを受信機に戻して新しいサーボの設定をお試しください。
 

(3)ICSサーボ設定変更のポイント

ICSマネージャーでは以下の設定が変更可能です。


●STRETCH1(ストレッチ1):サーボ作動初期の微小空間のトルク特性。数値が大きいほどトルクが上がります。

●STRETCH2(ストレッチ2):ストレッチ1以降のサーボ作動空間のトルク特性。数値が大きいほどトルクが上がります。

 ※ストレッチ1、ストレッチ2ともに大きくし過ぎると、スリップアングルやハンチングの原因になります。やりすぎ注意です。

●SPEED(スピード):サーボの動作速度の制限をかける。127が制限なしの全開状態です。

●PUNCH(パンチ):サーボ動作開始時(ストレッチ1以前の停止➡動作の瞬間)のトルク特性。10が全開、0が最少です。

●Dead Band(デッドバンド):サーボが停止している角度範囲。サーボは外力(サーボホーンに対する路面のキックバック)に対して反力を発生しますので、その遊び。乗用車のハンドルの遊びと同様の意味です。5が最も遊びが多く、0は遊びなしです。

●Damping(ダンピング):サーボの停止特性。サーボが目的位置まで動作中➡停止するときのブレーキの強さ。少ない数値にすると、早くブレーキをかけるようになります。


設定変更のポイントは、
     ①初期設定から大きくかけ離れることがない様、5~10程度の数値変更ごとに走行特性を確認する
     ②設定変更は1項目ずつ行い、効果を確認したのちに次項目の設定変更を行う

上記2点に注意しながらセッティングを進めると
お好みのオリジナルセッティングを作りやすいと思います。

 

 

パソコンの操作に不慣れな方はお気軽に近藤科学サービス部(℡03-3807-7648)までお問い合わせくださいね!
今回も、お読みいただいてありがとうございました。

関連商品

ICS USBアダプターHS

\4,000(税抜)  
No. 61028

サーボモデルセレクター

\1,500(税抜)  
No. 61029

RSx3-one10 Ver.D

\15,000(税抜)  
No. 30131

RSx3-one10 Flection

\20,000(税抜)  
No. 30130

RSx3-12 H.C

\15,000(税抜)  
No. 30129

BSx3-one 10 Grasper

\20,000(税抜)  
No. 30214

BSx3-one10 Power

\16,000(税抜)  
No. 30213

BSx3-one10 Response

\16,000(税抜)  
No. 30212

RSx3-12

\11,000(税抜)  
No. 30126

RSx3-one10 Response

\14,000(税抜)  
No. 30125

RSx3-Power

\16,000(税抜)  
No. 30124

RSx3-Response

\16,000(税抜)  
No. 30123

RSx3-Power H.C

\20,000(税抜)  
No. 30122

RSx3-Response H.C

\20,000(税抜)  
No. 30121

カテゴリ