アンテナ線の先っぽ のお話し

2021年10月22日 <受信機>

こんにちは!

2.4GHz受信機に採用されているアンテナ線の取り回しについてのお話しです。

取扱説明書でもご案内していますが、まだまだ誤った使われ方をしているユーザ様を見かけますので、改めて紹介しますね。

 

こちらが正解! アンテナパイプからアンテナ線の先端が出ないようにしましょう。

 

これらはNGです。アンテナパイプから飛び出していたり、アンテナ線の先端を折り曲げて使ってはいけません。

転倒時に路面と接触したり、負担が掛かってアンテナ線が傷ついてしまいます。

 

 

2.4GHzシールドアンテナ線は、先端の3cm(被覆の無い部分)でプロポからの電波を受信しています。

ここが完全に無くなったり、短くなっても受信感度は大幅に低下してしまいます。

短くなって被覆をその分取り除いても受信感度の改善はできません。傷ついた場合は早めに交換しましょう!

アンテナ線は常に正常な状態であることを確認して、安心安全なRC走行を楽しみましょう!

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

 

関連商品

KR-420XT 2.4GHz

\15,400(税込)  
No. 21013

KR-420XT 2.4GHz(ショートアンテナ)

\15,400(税込)  
No. 21014

KR-418FH

\13,200(税込)  
No. 21011

KR-415FHD ショートアンテナ

\17,600(税込)  
No. 21010

KR-415FHD

\17,600(税込)  
No. 21009

KR-413FH 2.4GHz FHSS

\13,200(税込)   生産終了
No. 21007

2.4GHzシールドアンテナA

\1,320(税込)  
No. 25513

カテゴリ