EX-2 セレクトパック2

No. 10563
\ 35,500 (税抜)  

<ノーマルエクステンション
    +バッテリースタンドセット>

【スペック】
●サイズ:230×163×107mm(突起部含まず)
●重量:536g(電池含まず)
●電源:単四乾電池、ニッケル水素電池×4本(別売)
   リチウムフェライトバッテリー(2セル 6.6V)※
   リチウムポリマーバッテリー(2セル7.4V)※
●消費電流:150mA以下
 ※アルカリ電池使用時連続で4~5時間の連続運転が可能です。
●チャンネル数:4
●送信周波数帯:2.4GHz(FHSS)
●ニュートラルパルス:1.5msec
●モデルメモリー:40
●対応受信機:KR-415FHD /418FH /413FH /241FH /212FHG /211FH /411FH

※本製品のマニュアルは、製品には付属しておりません。なお、エクスパンションはEX-RR(Ver2.12仕様)と共通ですので、機能についてはこちらのマニュアルを御覧ください。

※このページの製品仕様及び説明は、2020年7月現在の出荷分のものです。
 

Made in Japan

  •  

    進化したソフトウェア V2.12

    これまでEX-RRに使用されていた最新ファームウエアV2.12を搭載。
    (​※2020年7月現在の出荷分での仕様です。従来の製品は、こちらでアップデート可能です。)

     

    ブレークイン機能

    THROTTLE>(PAGE2)BRK-IN

    EPツーリングカーで一般的になってきたギヤデフのオイル撹拌、ボールデフのメンテ後の慣らしなどに便利なブレークイン機能を追加しました。

    走行開始前に設定した時間(1~240秒)スロットルを低速で開けることができ、走行開始後のデフ機能の温度変化によるコーナーリング特性のフィーリング変化を最小限に抑えるための機能です。動作時間のみならず、スロットル開度も設定変更可能ですのでお好みのスピードに調整することができます。また、ブレークイン機能は割り当てたET/BTキーで作動開始し、動作中はEX-RRのブザーが鳴りますのでブレークイン機能が作動していることがすぐにわかります。また、緊急時には再度キーを操作することで緊急停止する機能も装備しました。

     

    ハンドブレーキ機能

    THROTTLE>(PAGE2)>H-BRK

    実車ドリフトカーではドリフトのきっかけづくりにアクセルONのまま、ハンドブレーキを引く手法があります。これと同様のテクニックを使用することが可能になる、ハンドブレーキ機能を追加しました。実車同様、スロットルトリガーを操作したままでも、割り当てたET/BTキーを操作すると操作している間だけ、設定した量のブレーキがかかります。ドリフトカーのみならず、アンダーステア気味にセッティングするグリップRCでも有効にご活用ください。


    その他の変更

    ●ALL RESET機能の誤操作防止のため、アラートを追加、操作仕様を変更しました。

    ●3CH/4CHの現在の指令位置を「NOW:+100(指令位置+100の場合)」として数値で表示しました。

    ●3CH/4CHのGYROモードの設定内容を変更可能としました。

    ●ステアリング>TRAVELメニューにパラメータ追加し、ステアリングダイレクト機能の動作停止を可能としました。

    ●その他軽微な修正。

     

    日本語⇔英語の表示切り替え機能

    FUNCTION>SYSTEM>CONFIG

    表示するメニューの言語を日本語と英語を切り替えて表示することができます。
    お好みの表示を選択してお使いいただけます。

     

     

    モデルメモリ40に増量

    これまで20台分だったモデルメモリが、Ver2.0 では40台分となりました。
    使用する車体、セッティング、コースなど、違った設定を行っておくことで瞬時に呼び出して使用することができます。

    セレクトパック2の特徴

    このセットは、ノーマルエクテンションとバッテリースタンドがセットされた送信機構成と受信機のセット内容となります。

    マスターユニットEX-2 ×1
    LCDエクスパンションユニット EXP-104(Ver2.0) ×1
    ノーマルエクステンション ステアリングユニット ×1
    ベーシックグリップユニット(ライトハンド) ×1
    バッテリースタンドユニット ×1
    受信機:KR-241FH ×1

    ★ノーマルエクステンション+バッテリースタンド

    セレクトパック2では、ノーマルエクステンションユニットに加えバッテリースタンドユニットも付属。バッテリースタンドを使用することでTxリフェバッテリーを使用可能になり、連続使用時間を増やすことができます。また、プロポの重心を下げる効果もあります。


      
     

    EX-2の特徴

    EX-1で培ったKIYコンセプトと新時代のレース機能を投入

    ハイエンドプロポと同等のレース機能。KOだけの“KIYコンセプト”。充実のレーシングサーボラインナップとのマッチング対応力。サーキットを開発の場としてきたKOプロポだから実現できた、全方位でアドバンテージを発揮する「EX-2」が誕生しました。エクスパンションユニットとの合体によって多彩な機能を提供しつつ、扱いやすさを極めたインターフェースも実現。妥協なき機能設定によって、誰もがマシンのパフォーマンスを最大限引き出すことが可能。1/10、1/12からミニッツ(MHS)、オフロード、GPカテゴリーまで、あらゆるシーンで最高のパートナーとなる、新世代プロポ「EX-2」。
    今、その誕生が新しい時代の幕開けを告げます。
     

    ■アンテナレス、軽量コンパクトなマスターユニット

    マスターユニットを極限まで軽量化。最適な重量バランスと使い勝手の両立を実現しました。さらにアンテナを短くコンパクトにする事で抜群の取り回しやすさを実現しました。
     

    ■高機能CPU & 2.7インチLCD (LCDエクスパンションユニットEXP-104)

    高機能CPUによりハイエンド機であるEX-1と同等の性能を発揮。高速なデータ処理とより確実な操作を提供します。2.7インチ大型液晶はカタカナ表記と見やすいアイコン型のメニュー表示により、操作性も向上しています。

     

     

    ■LCD取り付け位置を変更可能

    LCDユニットは、ドライバーの好みに合わせて90°回転させての取り付けが可能。

     


    ■ミニッツMHSに対応

    切り替え式でFHSSからミニッツMHSにも対応。一台で異なるカテゴリーに使用できます。
    ※ASFは使用出来ません。


    ■KIY CONCEPT対応

    工具不要、ワンタッチで脱着ができるデタッチャブルユニット で構成されたKIY(Kustomize it Yourself)CONCEPTが、新たなドライビングスタイルを生み出します。各ユニットと自由に組み合わせて、自分だけのスタイルでの操作が可能になります。

       

     

     

    ■マネージャーソフトをより使いやすく!

    マネージャーソフトでは各パラメーターをグラフィカルに表示。PCと接続することで各機能をさらに使いこなすことが可能です。

      

     

    ■アップデートに対応

    PCからプロポ(LCDエクスパンション)を最新版にアップデートすることができます。
    ※この機種は最新版のVer.2.0にアップデート済みで出荷されています。

     

    <<オススメ機能>>

    1.フィール機能
    ステアリングのフィーリング特性を変更できます。カーブが全体の特性を変えるのに対して、フィールは切りはじめ反応を微調整することができます。これを行うことで、ドライバーによって変わる細かい操作感を持ち主にマッチした状態にすることができ、かなりの効果があります。

     

    2.STオートトリム/STオートバランス
    ステアリング操作でマシンのステアリング切れ角をみながらワンプッシュでニュートラル位置、舵角の調整が完了。目視しながら直感的に行えます。

     

    3.3ch / 4chジャイロ機能
    プロポからジャイロゲインを調整するときに便利な機能です。KR-212FHGと組み合わせてご利用ください。

     

    4.ギヤ比計算機
    スパーやピニオンなどの歯数を入力することで面倒なギヤ比計算を簡単に行うことができます。

     

    ■各種機能

    <モデル> マウスカーソルが示す機能の説明がポップアップします。

    モデルセレクト登録したモデルを選択する機能です。
    モデルネーム各モデルに名前をつける機能です。
    モデルコピー登録したモデルと同じモデルをコピーして作成します。
    モデルリセット選択したモデルを初期値にリセットします
    /オールリセットすべてのメモリを初期値にリセットします。
     

     

    <システム> マウスカーソルが示す機能の説明がポップアップします。
    プロポの基本設定をセッティングするメニューです。計算機機能では、ギヤ比の計算ができます。

    電波モード切替(FH/MHS)一般R/Cカー対応のFHモードとミニッツMHSモードの切り替えを行います。
    ※切り替えはステアリングのETボタンで行います。
    キー設定プロポ本体の各ボタンの機能を割り当てます。
    ディスプレイLCDモニターのコントラストやバックライトなどの設定を変更します。
    バッテリープロポで使用するバッテリーの種類を選択します。残量が少ないときにアラームで知らせてくれます。
    計算機マシンのギヤ比を計算するための機能です。
     
    サウンドプロポの各サウンドを設定します。
    VRインフォメーションステアリングユニット、グリップユニットの角度センサーの値を取得するための機能です。各ユニットを組み付けたら必ず行ってください。
    キースピードL・Rキーの操作を押しっぱなしにした場合の動作を繰り返す間隔を設定します。
    メニュースピードL・Rキーの操作を押しっぱなしにした場合のメニューの切替わり間隔を設定します。
    表示言語メニューに表示される言語を指定します。(日本語・英語)
    オペレーションアラーム電源を入れたまま何も操作しない時間が3分を超えるとアラームを鳴らします。
    ユーザータイマー送信機を使用した時間を積算して表示します。
     

    ※ペアリングはステアリングのETボタンで行います。

     

    <ステアリング> マウスカーソルが示す機能の説明がポップアップします。
    ステアリングに関連するメニューです。ステアリングフィール機能は、自分の操作感に合ったフィーリングに調整可能です。

    ステアリングオートトリム通常はボタン操作で数値を変更しながら行うトリム調整ですが、オートトリムではハンドル操作でステアリングを切りながら視覚的にわかりやすくトリム調整が可能です。

    トリム調整とは、ステアリングをニュートラル(中心)に合わせる作業のことです。トリムがしっかり会っていないマシンは、左右どちらかにタイヤがずれているため、まっすぐ走ることができません。
    ステアリングオートバランス通常はボタン操作で数値を変更しながら行うバランス調整ですが、オートバランスではハンドル操作でステアリングを切りながら視覚的にわかりやすくバランス調整が可能です。

    バランス調整とは、ステアリングの左右の舵角を均等にする作業のことです。これによりハンドル操作が左右均等になり運転しやすくなります。
    ステアリングトラベルステアリングホイールをいっぱいに切ったときのステアリングサーボの動作量全体を調整します。

    トラベルとは、サーボが回転する角度、動作量のことを指します。
    ステアリングバランスステアリングの左右の舵角を均等にします。これによりハンドル操作が左右均等になり運転しやすくなります。
    ステアリングトリムステアリングをニュートラル(中心)に合わせます。トリムがしっかり合っていないマシンは、左右どちらかにタイヤがずれているため、まっすぐ走ることができません。
    トリムは、ニュートラル位置のみが移動するのに対し、サブトリムは舵角全体が移動します。

    トリムのみで調整すると、ニュートラルのみが移動しますので左右の舵角に偏りがでますが、サブトリムで調整すれば舵角全体を移動できますので左右の動作量は均等なままニュートラル位置を設定できます。

    サブトリムで調整し、最後にトリムで微調整を行いましょう。
    ステアリングサブトリムステアリングの舵角全体を移動します。

    トリムは、ニュートラル位置のみが移動するのに対し、サブトリムは舵角全体が移動します。

    トリムのみで調整すると、ニュートラルのみが移動しますので左右の舵角に偏りがでますが、サブトリムで調整すれば舵角全体を移動できますので左右の動作量は均等なままニュートラル位置を設定できます。

    サブトリムで調整し、最後にトリムで微調整を行いましょう。
    ステアリングトリムレート割り当てたキーの1クリックで動作する量を設定します。
    ステアリングターンスピード(2way)ステアリングサーボの最大スピードを制限する機能です。ステアリングを切る方向の設定をします。
    ステアリングリターンスピード(2way)ステアリングサーボの最大スピードを制限する機能です。ステアリングを戻す方向の設定をします。
    ステアリングカーブステアリグ操舵角度に対して動作速度の変化率(カーブ特性)を設定します。切った分だけ直線的に切るのか、切り始めは緩く、徐々に鋭く、などお好みの操作感に設定できます。
    ステアリングパンチステアリングの切り始めの反応をクイックに設定できます。
    ステアリングフィールステアリングのフィーリング特性を変更できます。カーブが全体の特性を変えるのに対して、フィールは切りはじめ反応を微調整することができます。これを行うことで、ドライバーによって変わる細かい操作感を持ち主にマッチした状態にすることができ、かなりの効果があります。
    ステアリングレスポンスステアリングの応答特性を変更できます。ノーマル、ハイスピード、アドバンスドの3つから選択します。コーナーリング応答速度の調整に使用できます。
    ステアリングリバースステアリングの動作方向を逆にします。マシンによってはサーボの搭載方向により、ステアリングが逆方向になる場合がありますが、この機能を使用すれば動作方向を逆に設定できますので、通常通りの操作が可能になります。
     

     

    <スロットル> マウスカーソルが示す機能の説明がポップアップします。
    スロットルに関連するメニューです。ブレーキオーバーライドなど便利な機能をご利用いただけます。スロットルフィーリングの調整も可能です。

    スロットルトラベルFスロットルトリガーを前進側へいっぱいに握ったときのESCの動作量全体を調整します。

    トラベルとは、動作量のことを指します。
    スロットルトラベルBスロットルトリガーをバック側へいっぱいに押したときのESCの動作量全体を調整します。

    トラベルとは、動作量のことを指します。
    スロットルトリムスロットルをニュートラル(中心)に合わせます。スロットルトリムがずれている場合、前進、またはバックに偏っていますのでマシンが停止しなくなります。
    スロットルサブトリムスロットルの舵角全体を移動します。

    トリムは、ニュートラル位置のみが移動するのに対し、サブトリムは舵角全体が移動します。

    トリムのみで調整すると、ニュートラルのみが移動しますので左右の舵角に偏りがでますが、サブトリムで調整すれば舵角全体を移動できますので左右の動作量は均等なままニュートラル位置を設定できます。

    サブトリムで調整し、最後にトリムで微調整を行いましょう。
    スロットルトリムレート割り当てたキーの1クリックで動作する量を設定します。
    スロットルターンスピード(3way)アクセルワークの最大スピードを制限する機能です。スロットルを前進方向に動作させた際のスピードを設定をします。
    スロットルリターンスピード(3way)アクセルワークの最大スピードを制限する機能です。スロットルをニュートラルに戻す際のスピードを設定をします。
    スロットルカーブスロットルトリガーのアクセルワークに対して動作速度の変化率(カーブ特性)を設定します。握った分だけ直線的に加速するのか、握り始めは緩く徐々に加速するのか、などお好みの操作感に設定できます。
    スロットルパンチスロットルの握り始めの反応をクイックに設定できます。
    スロットルフィールスロットルのフィーリング特性を変更できます。カーブが全体の特性を変えるのに対して、フィールは切りはじめ反応を微調整することができます。これを行うことで、ドライバーによって変わる細かい操作感を持ち主にマッチした状態にすることができ、かなりの効果があります。
    スロットルレスポンススロットルの応答特性を変更できます。ノーマル、ハイスピード、アドバンスドの3つから選択します。
    プッシュコントロールスロットルをニュートラルに戻した時に、設定した時間だけ前進動作を続けて、スピンを防止します。
    アクセルスロットルを煽りながらの操作を自動で行います。トップドライバーが、コーナーリングの際に使うテクニックのひとつです。
    オートスタートスタート時のスロットル量を自動的に一定にしてスロットル操作にリミッターがかかります。
    ABSポンピングブレーキの様に、ブレーキを分けて踏む操作を自動で行います。コーナー進入の際のブレーキングの際にマシンの挙動が安定しない場合などに使用します。
    アイドルアップエンジンカーのスタート時までにアイドリングを上げておくことができ、始動性アップに役立ちます。また、ゴギングの強いモーターのニュートラルブレーキキャンセルや、エンジンカーのピットイン給油時のエンスト防止にも有効です。
    ニュートラルブレーキ通常の走行では、スロットルの前進から戻したときはニュートラルになりますが、競技や車によっては軽くブレーキをかけた方が走行しやすい場合に使用します。
    ブレーキオーバーライドブレーキの最大量を発進時とは別に設定して切り替えできるようにします。高速コースやオーバルコースで使用すると便利です。
    スロットルリバーススロットルサーボのの動作方向を逆にします。マシンによってはサーボの搭載方向により、スロットルが逆方向になる場合がありますが、この機能を使用すれば動作方向を逆に設定できますので、通常通りの操作が可能になります。
     

     

    <3、4ch関連> マウスカーソルが示す機能の説明がポップアップします。
    3ch / 4chをマシンや状況に合わせてセッティングできます。ジャイロ機能に特化したミキシング機能が使用できます。

    2WAY2段階で操作するモードです。
    3WAY3段階で操作するモードです。
    5WAY5段階で操作するモードです。
    アナログ最大255段階と非常に細かく操作できるモードです。
    ジャイロプロポからジャイロゲインを調整するときに使用するモードです。
    KR-212FHGと組み合わせて使用します。
    ツインサーボステアリングに左右別のサーボを使用するときのモードです。
    4WSクローラーなど4輪操舵のシステムで使用します。
     
    アンプミキシングクローラーなどで前後輪駆動を別のアンプで使用するときのモードです。
    スロットルミキシング1/5カーなどで前後ブレーキ/エンジンコントロールを別のサーボで使用するときのモードです。
     

     

    <タイマー> マウスカーソルが示す機能の説明がポップアップします。
    ラップを測るストップウォッチなどの操作の設定を行います。

    ストップウオッチタイマー動作中にボタンを押して、ラップタイムを計測することができます。
    トリガースタートトリガー操作でタイマーをスタートすることができます。
    ラップヒストリー計測した記録を表示します。
    アラームあらかじめ時間を設定すると、アラームを鳴らして走行終了をお知らせします。
    プリアラームあらかじめ時間を設定すると、アラームの数秒前に別の音色のブザーを鳴らして走行終了までの時間をお知らせします。
    ラップナビあらかじめ時間を設定すると、設定した時間が経過するごとにブザーを鳴らして走行ペースをお知らせします。
    タイマーモードラップタイマーまたはダウンタイマーを選択できます。
     

    セット内容

    マスターユニットEX-2 ×1
    LCDエクスパンションユニット EXP-104(Ver2.0) ×1
    ノーマルエクステンション ステアリングユニット ×1
    ベーシックグリップユニット(ライトハンド) ×1
    バッテリースタンドユニット ×1
    受信機:KR-241FH ×1
     

  • 3Dエクステンションユニット

    \8,000(税抜)  
    No. 10501

    STユニットスティックタイプ

    \8,000(税抜)  
    No. 10502

    バッテリースタンドユニット

    \4,800(税抜)  
    No. 10546

    KR-418FH

    \12,000(税抜)  
    No. 21011

    KR-415FHD

    \16,000(税抜)  
    No. 21009

    KR-415FHD ショートアンテナ

    \16,000(税抜)  
    No. 21010

    KR-413FH 2.4GHz FHSS

    \12,000(税抜)   生産終了
    No. 21007

    KR-241FH 2.4GHz FHSS

    \6,500(税抜)  
    No. 21008

    KR-211FH 2.4GHz FHSS

    \4,500(税抜)  
    No. 21005

    アルミステアリングホイール2(Black Version)

    \3,800(税抜)   生産終了
    No. 10568

    カラーグリップ2(ブラック)

    \1,200(税抜)  
    No. 10529

    カラーグリップ2(グレー)

    \1,200(税抜)  
    No. 10530

    カラーグリップ2(グリーン)

    \1,200(税抜)  
    No. 10531

    カラーグリップ2(ブルー)

    \1,200(税抜)  
    No. 10532

    ICS USBアダプターHS

    \4,000(税抜)  
    No. 61028
  • マニュアル

    EX-2 マニュアル

    EX-LDT/EX-RR/2(XpansionVer2.12)マニュアル

    ソフトウェア

    KO Driver 2015
    Windows 7・8/8.1・10に対応したデバイスドライバー。ICS USBアダプターなどを使用する際に必要です。

    EX-2/RR Xpansion アップデータ V2.00
    EX-2 Xpansion Unitのアップデータを公開致します。 このアップデータを適用することにより、EX-RR 標準のV2.00ソフトウエアになります。

    EX-RR XpansionマネージャーV2.0 ソフトウェア
    このソフトウエアを使用することにより、EX-RR(及びEX-6R)付属のEXP-104S Xpansionデータを外部に保存したり、パソコンの画面上でデータの編集が可能になります。EX-2付属のEXP-104 Xpansionデータの引越し機能も追加しました。

    EX-2/RR Xpansion アップデータ V2.12

    Xpansion マネージャーソフトウェア V2.12

  • Xpansion ICS Manager V2.12のご紹介
    XpansionをV2.12にアップデートする手順
    今週末はEPツーリング全日本です!
    2016 JMRCA 1/12レーシング全日本選手権のお話し
    速報!1/12レーシング全日本 2カテゴリー制覇!
    ENSラウンド2のお話し
    EX-2旋風の吹き荒れる!@EPS-J Rd.4
    EX-2 エキスパートセット発売のお話し
    KOグランプリ2016 開催しました!
    AOC Rd.1 in 上海でJJが完全勝利!のお話し
    EX-2セレクトパックのお話し
    Windows10にKOドライバーをインストールする方法
    EX-2とEX-6のMiniZ MHS GYROコントロールのお話
    EX-2とEX-6のMiniZ MHSペアリングのお話
    EX-2新機能!MiniZに便利なOFFSETのお話
    KOグランプリ&EX-2体験走行会やりました!
    EX-2の魅力を紹介(7)
    新星!EX-Ⅱの魅力を紹介!(6)
    新星!EX-Ⅱの魅力を紹介!(5)
    新星!EX-Ⅱの魅力を紹介!(4)
    新星!EX-Ⅱの魅力を紹介!(3)
    新星!EX-Ⅱの魅力を紹介!(2)
    新星!EX-Ⅱの魅力を紹介!(1)