ツインサーボのお話し(2)

2013年9月13日 < プロポ > EX-1 KIY

こんにちは!

今日はドリフトラジコンカーのツインサーボの設定方法のお話の続きです!
ツインサーボのメリットである自在なアッカーマンを設定してみましょう!

*右タイヤに1CHのサーボ、左タイヤに3CHのサーボが付いている場合を例に紹介します!

ツインサーボのミキシング設定はこちらの過去記事にでてますので、参考にしてくださいね。

1)トー角の設定

右のタイヤはET1トリムで調整し、左のタイヤは3chのトリムでニュートラル調整をしますので、
あらかじめ、ET4に3chサーボ(=左タイヤ)のトリムを設定しておきます。

初期画面>ENTERでMain Menuへ
>”3/4CH”>ENT>”3chControl”>ENT>”4WS MIX”>ENT>”Key">ENT>”CENTER”>ENT>”ET4">ENT 


シャーシを上から見ながら、お好みに応じてトー角度を調整可能です。


 

ET1のST TRIMがL5、ET4の”S-MIX CENTER”が-2で
トーゼロ(左右のタイヤが まっすぐ)になりました。


 

 

ET1のST TRIMを0に、ET4の”S-MIX CENTER”を3に設定すると
トーアウト(左右のタイヤが 前に開く)になりました。

グリップもドリフトも基本的にトーアウトを設定しますね。 



 

あまりお勧めではないですが、トーイン設定。
 ET1のST TRIMをL10に、ET4の”S-MIX CENTER”を-7に設定すると
トーイン(左右のタイヤが 前に狭くなる)になりました。

 

2)アッカーマンを調整します

ステアリングを左一杯に切りながら、最初の切れ角を確認すると、こんな感じでした。

このシャーシはドリフトカーなので、派手な切れ角とドリフトの飛距離をあげるために、ハンドルを切ったときのアッカーマンを平行にしてみたいと思います。



 

ステアリングを左一杯に切りながらET1を左にカチカチすると、ST-Balanceという画面が表示されて左下のL70%の数字が増えていきます。よさげな角度の外輪側切れ角を設定します。


 



つづいて左タイヤの柁角を設定します。
初期画面からENTERでMain Menuへ
>JOGで3/4CHにカーソルしてENTER
>3chControlでENTER
>3chControl Menu画面の4WS MIXにカーソルしてENTER
>3chControl:4WSMix画面のRIGHTにカーソルしてENTER
ステアリングを右一杯に切りながら
>S-MIX RIGHTの数値を増減して良き程のアッカーマンになったらENTER

*左へのステアリング操作に対しても、繰り返し設定します。
>3chControl:4WSMix画面のLEFTにカーソルしてENTER
ステアリングを右一杯に切りながら
>S-MIX LEFTの数値を増減して良き程のアッカーマンになったらENTER

パラレルなら同じ柁角に、アッカーマンをつけるなら外輪サーボの切れ角を少なく設定します。
走行中の迫力アップと飛距離をあげるためにはフル柁角で左右タイヤが平行になる、パラレルにするといいです。
但し、このパラレルの設定ではフロントタイヤの掛かりが出ないので、ラインをトレースしずらいこともあるようです。自在に設定できることがツインサーボのメリットですので、ご自身の走行しやすいアッカーマンセッティングにしましょう!

今回の記事は文字ばかりになってしまい、すみません!
動画はこちらからご覧いただけます!

(↑上手く表示されない場合はF5をおして再表示してみてください)

今回もお読みいただいて、有難うございました!

関連商品

カテゴリ