ツインサーボのお話し(1)

2013年8月23日 < プロポ > EX-1 KIY

こんにちは!

今回はEX-1でツインサーボのドリフトカーを操作する設定のお話しです!

上の写真のTNレーシング様のテスト車両 DIB-RS をはじめ、ドリフトラジコンのシーンではフロントタイヤの左右を2個のサーボで別々に操作して、アッカーマン(ハンドルの切れ角)を自在に設定するシャーシが流行してきています。

「どうやったら出来るの?」という問い合わせがありましたので、
今回のブログでは、EX-1でツインサーボを設定する方法を紹介します!

今回の作例では風間オートサービス様のご協力で「SPIDERCKS GP-X」を使用しました!

ツインサーボの搭載方法についてはドリフトの賢者、エキスパート各位のシャーシを参考にしてくださいね。このブログではEX-1の設定方法を紹介します。

2つのステアリングサーボを搭載後にリンケージして受信機の1chに右のタイヤを操舵するサーボ、3chに左のタイヤを操舵するサーボを接続すれば準備OKです!



 

[1]EX-1の4WS-MIX機能を使用します

1)まず、EX-1を4CH出力にします。


初期画面>DBT4(System Menuへ)

>”Response”>ENT>”OUTPUT”>ENT>”4CH”>ENT

※ENT…ENTERキーを押します  
※”*****”…JOGで*****メニューを選択します

2)つぎに4WSMIXを効かせます。


初期画面>ENTでMain Menuへ
>"3/4CH">ENT>"3chControl">ENT
3chControl Menu画面の”MODE”>ENT>”CONTOROL MODE”>ENT>”4WS-MIX”>ENT
これで1CHと3CHに接続した両方のサーボが連動します。
 

3)動作を確認します


STハンドルを右に切ってみます。
もし左右のタイヤが左に切れたり、どちらかのタイヤだけが逆に切れたりしたら、リバースを設定します。正常に右に切れたら、以下の設定は必要ありません。


 

[2]サーボリバースの設定

*右タイヤに1CHのサーボ、左タイヤに3CHのサーボが付いている場合を
 例に紹介します。

1)まず、1CH(右タイヤ)をリバースする場合。


初期画面>ENTでMain Menuへ

>”QuickSetup”>ENTER>”ST/TH-Rev”>ENTER>”STEERING”>ENT>”REV”>ENT

 この時点で、右タイヤだけが逆転します。
 

2)つづいて3CH(左タイヤ)をリバースする場合。


初期画面>ENTERでMain Menuへ

>”3/4CH”>ENT>”3chControl”>ENT>”4WS MIX”>ENT
>3chControl:4WSMix画面の”Reverse”>ENT>”S-MIX REVERSE”>ENT>”REV">ENT

これで左右のタイヤが右に切れるようになります。

 

※このあと、3chサーボ(=左タイヤ)のトリムをET4に設定しておくと後ほどのトー角やトリムの設定が楽チンになります。

初期画面>ENTERでMain Menuへ
>”3/4CH”>ENT>”3chControl”>ENT>”4WS MIX”>ENT>”Key">ENT>”CENTER”>ENT>”ET4">ENT


 

今回の記事の動画はこちらからご覧いただけます!

(↑上手く表示されない場合はF5をおして再表示してみてください)

次回はツインサーボのメリット、トー角の設定とアッカーマンを調整します。

関連商品

カテゴリ