TITC2015のお話

2015年3月6日 <レースレポート> 海外

こんにちは!

先週末の2/24~3/1にわたり、タイのRCアディクトサーキットにおいてTITC(タイランド・インターナショナル・ツーリングカー・チャンピオンシップ)が行われました。この大会にはKO PROPOのサービス部穴原さんがサポートに行ってきました。たくさん写真を撮ってきてくれたので、レポートをお送りしますね。

今回は、Kinihiko-yano.jpでおなじみの矢野様、石岡 勇人選手、永島 友吾選手と同行しました。

日本出国は2/23(月)で、夕方にRCアディクトに到着。既に1週間前から練習を開始している選手も多く、到着まもなく早速練習開始したそうです!


 

 


KOPROPOは昨年よりTITCに協賛しており、サーキットサイドにはでっかいバナーを張っていただいておりました。

ありがとうございます!



 

永島選手(写真左)はモデファイツーリングクラスに参加。EX-1KIYver.3送信機にKR-413FH受信機、ステアリングサーボはRSxOne10responseをチョイス。

 

石岡選手(写真右)はモデファイツーリングクラスに参加。EX-1KIYver.3送信機にKR-413FH受信機、ステアリングサーボはブラシレスのBSx2-one10responseをチョイス。




両選手ともにRSx(コアレスサーボ)とBSx2(ブラシレスサーボ)をテストしましたが、マシンセッティングが違ったためにそれぞれ違ったサーボをチョイスしました。永島選手は攻撃的なマシンセッティングにレスポンス重視のRSxを組み合わせてさらに戦闘力をアップ!石岡選手は安定型のマシンセッティングに保持力の強いBSxを使用することでハンドリングを向上させて使用しました!

 練習初日(到着日)は夜12時過ぎまで走りこみ!

年に1度のビックレースに向けて、夜遅くなっても練習している選手がたくさんいたそうです。


 

 

穴原さんもサポートしながら、合間にレース参加!13.5Tのブーストクラスに混ぜてもらいました。

もちろん、現地で困ったユーザーさんを見つけたら自分のマシンはそっちのけでユーザーサポート最優先です!

 

 

チームヨコモの秋山 直樹選手。EX-1KIYを構えてカメラに向かってくれています。伸び盛りのヤングドライバーはMODツーリングカークラスに参加。

EX-1KIYver.3送信機にKR-413FH受信機、ステアリングサーボはブラシレスのBSx2-one10responseをチョイス。



 

残念ながら上位に入賞した日本人選手はあまりいませんでしたが、今回の経験を元に、今後の活躍に期待しましょう!

今回もお読みいただき、ありがとうございました!

関連商品

KR-413FH 2.4GHz FHSS

\12,000(税抜)  
No. 21007

BSx2-one10 Response

\16,000(税抜)  
No. 30205

カテゴリ