XpansionをV2.00にアップデートするお話

2018年6月8日 EX-RR EX-2 プロポ関連記事 ICS USB アダプターHS PCの設定・インストール ドライバー

こんにちは!

今回はXpansionV2.00アップデータソフトの紹介です。
EX-2搭載のエクスパンションユニットのソフトウエア(V1.0x)をEX-RR(V2.00)にアップデートすることができるようになりました!

 

1、アップデータとは?

EX-2Xpansionユニットのソフトウエアにはアップデートするための機能が付いています。これは、パソコンを使ってKO PROPOウェブサイトからダウンロードしたソフトをXpansionユニットにダウンロードすることで、バージョンアップすることができる機能です。EX-2標準のソフトV1.05から今回リリースされたV2.00にアップデートすることで、EX-RRから追加された新機能や追加の設定項目が使用可能になります。

 

2、アップデートするために必要なもの

(1)パソコン
WindowsVista以降のOSで、USBポートの空きが1コ必要です。いま手に入る(またはお手持ちのもの)でだいたい大丈夫です。細かな要件としては、【※.NET Frame work3.0以降がインストールされている環境が必要です。】なのですが、2006年以降の現行パソコンなら大丈夫です。

(2)ICS USBアダプターHS
USBを経由してXpansionとパソコンをつなぐ アダプターです。弊社製品をお取り扱いの販売店様もしくは弊社ウェブショップにてお買い求めいただけます。付属の取扱説明書をご覧いただき、ドライバー(USBをパソコンで使えるようにするソフト)を事前にインストールしておきましょう。
Windows 10 にKO Driver2015をインストールする手順は、こちらの記事をご参照ください。

(3)パソコン用アプリケーション
①BootloaderV1.0:アップデートする際にパソコン上で起動させるアプリケーション(パソコン上で使用するツールソフト、以下アプリと記載します)です。

※各ファイルはZip形式で圧縮してありますので、デスクトップやダウンロードなどわかりやすい場所に解凍しておきましょう。

解凍したフォルダ内のEXP-104UpdaterV1.0.exeがアプリ本体になります。ここでは、フォルダ内に左の画像同様のファイル/フォルダがあることをご確認いただければOKです。まだアプリは起動しません。

 

②アップデートファイル V2.00:Xpansionにダウンロードするソフトです。
ソフト本体は、左の画像にあるBootloader_180529_V200.binになります。
こちらは、上の①でダウンロードしたアプリ内で使用しますので、この時点では回答したフォルダ内に左の画像同様のファイルがあることが確認できればOKです。
(アップデートファイルが更新された場合、ファイル名が変わる場合があります)


以上の①②のソフトはアップデータダウンロードページからダウンロードできます。

 

③Xpansion Manager V2_0:以前のXpansion で使用していたモデルデータを引き継ぐためのアプリです。

解凍したフォルダ内にある、
EX-XpansionManagerV2_0_0_0.exeがアプリ本体になります。
こちらも、フォルダ内に左の画像同様のファイル/フォルダがあることをご確認いただければOKです。まだアプリは起動しません。


③ソフトはこちらからダウンロードできます。
 

 

 

 

3、まずはこれまでのモデルデータをバックアップしましょう

V2.00ではそれまでのV1.0Xより新機能が追加になります。アップデート後に強制でデータがリセットされますので、モデルデータをバックアップ(パソコンに一時保存)することをお勧めします。これまで作成したモデルデータがたくさんある場合でも、バックアップしたデータを転送することで再度イチからモデルデータを作成する手間を省くことができます。

さきほどダウンロードしたEX-XpansionManagerV2_0_0_0.exeアプリダブルクリックして実行します。アプリが起動し、下の画像のウィンドが開いたら、左下のCOMポートの設定をします。

この画像では(COM3)ですが、COM番号はお使いのパソコンによって異なります。
※もし、ICS USB ADAPTER HS(COM*)が出ない場合はUSBドライバーのインストールが完了していませんので、こちらの記事をご参照ください。

 

ICS USB アダプターHSに付属の延長ケーブルをXpansionに接続します。
※コネクターの向きにご注意ください。右の写真のように、画面に向かって右に爪が向くように刺します。

画面に「READ EX >>> PC」「WRIT PC >>> EX X」「EXIT >> POWER OFF」表示が出たら接続OKです。

XpansionManagerV2_0_0_0アプリで、先ほどCOMポートを設定したボックスの上にあるボタン「EX-2/EX-6Data 読み込み」を押します
 
「モデルデータを読み込みますか」確認ウインドでOKを押すと、これまで使用してきたモデルデータがパソコンのアプリ上に読み込まれます。

ここで確認ウインドがでますが、このデータはXpansionV2.0用にフォーマットされた専用のデータになります。従来のXpansionV1.0Xには書き込みできませんのでご注意ください。

上の画像のようにモデルデータが読み込まれたら、バックアップはOKです。COMポートをOFFにして、XpansionからUSBの接続コードを抜きましょう

 

4、いよいよ、アップデートします

ダウンロード済みの①BootloaderV1.0フォルダからEXP-104UpdaterV1.0.exeアイコンをダブルクリックして実行します。

このアプリは上の画像のように、次に何をするか画面上に指示が出ますので、指示に従って進んでいただければ問題ないと思います。

次の画面では、Xpansion 背面のコマンドボタンを押しながらUSBの接続ケーブルを挿入する指示が出ます。
このときは、Xpansion 単品で作業しますので、XpansionユニットをEX-2 のマスターユニットから外しましょう。※マスターユニットとXpansionを外す手順は、取扱説明書をご覧の上、丁寧に行ってくださいね。

写真のように木の棒(写真では爪楊枝の頭)など細い棒でXpansionを机に押さえつけながらUSB接続ケーブルを差し込みすると、楽にできます。


写真のように「STARTING PROGRAM UPDATE!」が出ていれば、接続OKです。あとは、アプリの指示に従って進みます。アップデートファイルを解凍したフォルダのBootloader_XXXXXX_VXXX.binファイルを参照し、アップデートを開始しましょう。
※アップデート中は、USBアダプターや接続コード、Xpansion本体に極力触らないようにしましょう。アップデートが失敗する可能性が高まります。もし、タイムアウトエラーが出たら、XpansionとUSB接続コードを接続したままアップデータアプリの最初からやり直してください。

「正常に完了」確認ウインドが出たらアップデート完了です。XpansionからUSB接続コードを抜き、XpansionをEX-2のマスターユニットに取り付けます。

 

5、データを転送して完了です

バックアップしたモデルデータをXpansion に書き戻します。一度、EX-2の電源をONします。すると、下の写真のように、自動でオールリセットが開始されます。

そして、VR INFOMATION画面が出ますので、いつもの「ステアリングハンドルを左右いっぱい、スロットルトリガーを前後いっぱいに一度ずつ操作」して進みましょう。これらの操作は、お手持ちのXpansionが初めてV2.00ソフトで動作するための初期化作業になります。

VR INFOMATIONのOKをおして、メニュー画面に戻ったらEX-2の電源をOFFします。

再度Xpansionをマスタユニットに取り付け、ICS USB アダプターHSの接続コードをXpansion に差し込みます。

右写真の通信モード画面が出ます。

XpansionManagerアプリCOMポートをOFF➡COM*に設定し、書き込みボタンを押します。

確認ウインドがでますので、OKを押すと、書き込みが始まります。

「Xpansion data write OK」の確認ウインドが出たら、データ転送完了です。
XpansionManagerアプリを終了し、USB接続ケーブルを抜きます。EX-2の電源をONすると、アップデート前のモデルデータが使用可能となります。

追加された新機能の設定はすべて初期値になっています。新機能の使用方法はEXーRR マニュアル をお読みの上、ご使用ください。

大変長くなりましたが、もしご不明な点がありましたら、近藤科学サービス部(℡03-3807-7648)まで、お気軽にお問い合わせくださいね!
今回もお読みいただき、ありがとうございました。

関連商品

EX-2 セレクトパック1

\32,000(税抜)  
No. 10562

EX-2エキスパートセット

\42,000(税抜)   生産終了
No. 10570

EX-2 セレクトパック2.5

\42,000(税抜)   生産終了
No. 10571

カテゴリ