RS Set (KR-415FHD(ショート)+RSx3-12(セレクター付き)

  • HCS 対応の受信機とサーボ、サーボモデルセレクター、Rx モードセレクターのオトクなセットです。
    そのままお使いいただけるように、1CHはHCSモードに設定されています。

    ※RSセットの一部におきまして、1chがノーマルモードで出荷されている可能性がございます。
    RXモードセレクターでご確認いただき、ノーマルモードになっていた場合はお手数ではございますが、HCSモードに切り替えてのご使用をお願いいたします。
    設定の確認、切り替え方法はこちらの動画をご参照ください。

    誤った設定の製品をお買い求めになられたお客様には、ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございません。
    今後このようなことの無い様、努めて参りますのでご容赦のほど宜しくお願いいたします。

    新高速通信システムHCS 搭載

    受信機とサーボの通信処理時間を1/4 に圧縮、サーボの操作感が更にダイレクトになりました。
    受信機のチャンネルごとにHCS/ ノーマルモードを切替可能です。

    HCSモードは、対応サーボ専用ですのでRSx3/BSx3と組み合わせてご利用ください。また、ノーマルモードでは、KR-413FHなどと同じように従来のサーボが使用できます。

    KR-415FHD

    2つの受信ユニットを装備

    受信機本体内に受信ユニットを二つ装備。メインのケーブルアンテナとサブの基板実装アンテナで2重に電波をキャッチし信頼性がアップしています。

     

    薄型ケース設計

    従来に比べて5.5mm 薄いケースデザインを採用しました。
    これにより、マシンへ搭載した時の重心を低くし、搭載しやすくなりました。

    電動カー向けショートアンテナ

    ショートタイプの90mm のアンテナを使用しています。
    ショートアンテナでは、本体に付属のアンテナパイプを直接差し込むことができます。
    電動カーのボディにスッキリと収まります。

    HCS/ノーマルモード切替方法

    HCS/ノーマルモードの切り替えは、Rxモードセレクターを使って手動で行います。方法は非常に簡単です。受信機に電源が入っていない状態でモードセレクターを切り替えたい端子に接続し、受信機のセットアップボタンを押しながら電源を入れるだけです。モードセレクターは、端子のモード確認も可能ですので、切り替えた後は必ず確認してからご利用ください。

    サーボは、受信機の端子のモードによって自動で切り替わりますので、作業は必要ありません。

    各端子の初期値

    RSセットに付属する受信機では、1CH(ステアリング)がHCSモードになっていますので、同じセットのサーボをそのままご利用できます。

    RSx3-12

    豊富なプリセット

    RSx3-12のモデルメモリーには5つのプリセットがインストール済みですので、モデルを切り替えることでマシンやカテゴリーに合わせた特性に切り替えることができます。一つのサーボで様々な状況に対応できるサーボ機能をサーボモデルセレクターで切り替えてご利用ください。

     【モデル1】デフォルトセット(1/12ストック向け)

     【モデル2】2014年世界戦セット(1/12モディファイ向け、マイルド)

     【モデル3】2015年全日本優勝セット(1/12モディファイ向け、クイック)

     【モデル4】GT500、ワールドGT、F1ゴムタイヤ向けセット

     【モデル5】F1スポンジタイヤアスファルト路面向けセット

    ※出荷状態では【モデル1】に設定されてきます。

    パラメーターを変更できるICS対応

    PCと接続すればお好みの設定に変更できます。また、多数のプリセットを公開していますので、書き換えるだけでまるで違うサーボに付け替えたような動作フィールを体感することができます。サーボマネージャーはこちらからダウンロードしてください。

     

    サーボモデルセレクター

    サーボのバラメーターを保存できるモデルメモリ機能を切り替えるためのスイッチユニットです。

    モデルメモリ機能について

    RSx / BSx2シリーズのサーボは、モデルメモリとしてサーボの各パラメーターを内部に5パターン登録する機能がついています。これを利用することによって、コースやマシンに合わせてメモリを切り替えて対応することが可能です。

    本体の仕様について

    サーボリードは電源供給用に受信機へ接続します。あとは、端子にサーボを接続すれば配線は完了です。

    モデルの番号はLEDの点灯パターンにより分かるようになっています。スイッチを押すごとに点灯パターンが変わりますので、切り替えたい番号のパターンになるまで押してください。

    接続時の点灯パターンが現在のモデル番号です。

    Rxモードセレクター

    受信機側設定は自動判別ではありません。HCS/ノーマルモードの設定切り替えの操作を行います。
    HCS対応受信機は1~4チャンネルそれぞれ個別に、モードの設定が可能です。
    本製品をHCS対応受信機の各チャンネルに接続して、設定されているモードの確認とモードの切替を行うことができます。
     

    セット内容

    KR-415FHD(ショートアンテナ)x1
    RSx3-12 x1
    サーボモデルセレクター x1
    Rxモードセレクター x1

     

  • KR-415FHD

    \16,000(税抜)  
    No. 21009

    RSx3-12

    \11,000(税抜)  
    No. 30126

    サーボモデルセレクター

    \1,500(税抜)  
    No. 61029

    RXモードセレクター

    \1,200(税抜)  
    No. 61031